格安ホームページ作成会社にはできないこと

2017.02.01
こんにちは、川端です。
最近ではどの様な業種においてもホームページ(以下Webサイト)の実装及び運用は必須と言っても過言では無いのが現行となっております。
その様な状況のWeb業界において近年目立ち始めているのが

・ホームページ、格安提供いたします。
・初期費用20,000円、月額5,000円でWebサイトをご提供!!
・初期制作費用無料で作成します。

所謂『格安ホームページ制作業者』における熾烈な顧客の奪い合い。どこの業界でも慢性的に起きている『終わりなき価格競争』です。
資本主義の根幹でもある自由競争はいつの時代も長所として【生産性の向上】と言える一方、対する短所として【品質の低下】が問題視されてきており、懸念材料とされてきました。当記事ではWebサイトの存在意義・及び利益への繋げ方を考察していきたいと思います。

Webサイトの存在意義


02
Webサイトを所持する事でどの様な事が可能となるか、ここで私個人がパッと思い浮かぶ例を挙げさせていただきます。

存在を認識させる
提供サービスの案内
SNS連携による現場情報の発信
同業他社との差別化
情報公開による透明性の向上
集客
求人
ブランド力の向上

これらの要因は現在におけるWebサイトの存在意義となっており、Webサイトの完成だけで直接的なご利益に繋がる事は極めて難しいと言わざるをえません。Webサイトはあくまでツール(道具)であり、このツールを巧みに使う(運営を行う)事で初めてご利益へと繋がる事となるからです。近年急増しているご相談内容として

『このキーワードで検索順位を上げて欲しい』
『ホームページを量産して売上or求人応募を増やして欲しい』
『思っていたよりも効果が出ないからページを追加して欲しい』

等がございます。
これらでお悩みのお客様に総じて共通されていたのは

サイトの作成のみを少しでも安い業者へ依頼した
納品後の運営は自らでも行えると考えていた

という事です。
Web業界の常識・技術・流行りは日々目まぐるしく進歩・変化している状況では全ての意味において『鮮度』は重要となっている為、未経験の方が運営に手を出すのはあまりにも厳しい事だと考えます。一概に安物買いの銭失いと言い切る事は出来ませんが、Webサイトをフル活用すると考えている方は今一度コストとリスクを天秤に掛けてご検討いただく事を推奨させていただきます。

利益への繋げ方


ここからはサイト運営による利益の生み出し方を考察していきます。
まずサイト運営においての『利益』とはどの様なものをイメージされるでしょうか?

・検索結果による集客
・企業(団体 個人)イメージの向上
・営業ツールの要として利用
・独自性のあるコンテンツによる同業他社との差別化
・顧客からの直接的な意見、感想

上記は多種多様な業種においても共通している事といえるでしょう。

企業間・消費者と各方面からコンプライアンスが求められている昨今、企業(団体 個人)は過度と言えるほどの透明性を証明しつつ、他社との差別化を図り独自のサービスを広めて提供していく事が絶対条件となっております。この他にもサービスを提供する側が現代に求められているのは「キャリア(将来の)ビジョン」「社会貢献度」「高付加価値(ブルーオーシャン)戦略」「労働者の満足度」「顧客満足度」と謳われており、これらと知名度をバランス良く世間に浸透させていく事が利益へ繋がっていくと考えております。

この様に求められるものが多い中、

生産性を求めた使い回しのテンプレート
伝言ゲームの様に作られていくデザイン
オリジナル性のない文言
運営を視野に入れない構築法

少し棘のある言い回しとはなってしまいましたが、これらで本当に良い結果を望むには少し贅沢です。

弊社では少しでもお客様のニーズに応えた作品を納めさせていただける様に、制作者自らがお話を伺いに出向かせていただき、念密な打ち合わせの上制作に着手させていただいております。

長い間着実に積み重ねてきた経験・実績、そして私達の誇りでもあるお客様からの『TRUST(信頼)』を是非一度お試し下さい。